本作はディースリー・パブリッシャーよりPS4用として2017年に発売されました。
元々はSIMPLE2000シリーズという安価で遊べるお手軽なゲームの一つとして発売されたのですが、なぜかここまで続く人気シリーズに(笑)
私はこのシリーズをプレイする前は「無双ゲー」と思っていたのですが、全然そんなことは無く意外と考えることが多くて驚きました。

数百種類の武器を集めながら100ステージ以上のミッションを攻略していく単純明快なシステムなのですが、難易度によって異なった楽しさが味わえます。
5種類の難易度があるのですが、低難度では無双の爽快感が、高難易度だと如何に敵を少しずつ減らしていくかの戦略性が求められます。
自分の好みでゲームを進められるのは個人的にかなりポイントが高かったです。
また、ストーリーは過去作品と繋がっていないので今作から始めても全然問題ないです!
ちなみに私は4、4.1をプレイ済みなのですが、今作は新たな敵や新要素が追加されていてかなり新鮮な気持ちで遊べました。

そんなパワーアップした「地球防衛軍5」の魅力をこれからお伝えしていきますので、購入される際の参考にして頂けると嬉しいです。

幅広い遊び方が可能

先ほども触れましたが、5種類の難易度(イージー・ノーマル・ハード・ハーデスト・インフェルノ)がありそれぞれ敵の強さ、獲得できる武器のレベルやミッション失敗時のアイテム獲得量などが変わってきます。

ステージごとに難易度は変更できるので、クリアできないステージの難易度を下げて先に進むなんてことはこのゲームだと当たり前になってきます。
ちなみにハーデスト以上の難易度は最初から選択できず、ミッションナンバー111をクリアすれば選択できるようになります。
ハード以上の難易度は敵がかなり強くなってくるので、無双ゲー間隔で敵に突っ込んでいくとあっという間に死にます(笑)

とにかく敵の物量が凄まじいので、味方のNPCや地形を利用した立ち回りが重要になってくるんですね。
もちろん難しい難易度でプレイしたくないという人も多いと思います。
難易度イージーは入手できる武器の性能が低いですが、敵の耐久力と火力がかなり低めに設定されているので、真に無双気分を味わうことができます!

4つの兵科が操れる

前作から引き続き4つの兵科が登場します。
兵科にはそれぞれ違った特徴があるので、自分に合ったキャラクターでプレイすることが可能です。

①レンジャー
初心者にオススメな兵科。全体的にバランスが良く様々な武器が使用でき、一部の搭乗兵器に乗ることもできるので自由度が高いです。
また、今作から「ダッシュ」が追加されました。これまで指摘されてきた移動の遅さという欠点が解消されたので、テンポよくプレイできます。

②フェンサー
機動力は低いですが火力が高いパワー系のスタイル。近接武器を装備してる時だけダッシュ移動が可能なのですが、移動後に硬直が起こります。
この硬直は攻撃をすることで消すことが出来るので、うまく操作できれば延々とダッシュ移動することが出来ちゃいます。
熟練した操作技術があればロボットゲームの様な立体的な立ち回りが可能です。

③エアレイダー
空軍や砲兵に指示を出して敵を薙ぎ払うサポート役。戦車や二足歩行ロボットにも乗る事ができるので、一つの行動で戦況をひっくり返すことができます。
射線上に味方が入ってこないように注意が必要。

④ウイングダイバー
機動力が高く、空中から敵を攻撃できます。耐久は紙なので、喰らわない覚悟が必要です。

オフラインとオンライン両方でも楽しめる

元々このシリーズはオフライン一人用タイトルとして発売された作品なので、本作も十分一人で楽しむことが可能です。
ソロプレイだと武器のレベル制限が無く、低難易度でも高レベル武器を使用することが可能なので、縛りなくプレイすることができるのもイイですね。
フレンドがいる方は是非オンラインマルチで遊ぶことを推奨します。最大4人でのプレイが可能です。
異なる兵科を使用して役割分担し、チームワークを駆使して敵を倒すとソロプレイとは違ったアクションが楽しめます。

オンラインマルチでは人数で敵のステータスに補正がかかり、攻撃力や耐久力がオフラインの同難易度よりも増幅するので注意してください。
また、オンライン専用ミッションで「絶望の楔」「絶対包囲網」というものがあるのですが、かなり難しく私は難易度を落としてフレンドと攻略しました(笑)
オンラインマルチは野良でもプレイ可能で、未だに部屋がいくつも建てられています。是非挑戦してみだください!

地球防衛軍は良い意味B級映画っぽい親しみやすさがあります。巨大生物をぶっ飛ばす爽快感はどの難易度でも健在です。
やり込み要素も高く、100時間以上は余裕で遊べてしまいます(笑)
本当に魅力的な作品なので、ぜひ遊んでみてください!

https://gamerstand.net/wp-content/uploads/2019/02/71M3U8ZQTAL._SX342_.jpghttps://gamerstand.net/wp-content/uploads/2019/02/71M3U8ZQTAL._SX342_-150x150.jpggamerPS4本作はディースリー・パブリッシャーよりPS4用として2017年に発売されました。 元々はSIMPLE2000シリーズという安価で遊べるお手軽なゲームの一つとして発売されたのですが、なぜかここまで続く人気シリーズに(笑) 私はこのシリーズをプレイする前は「無双ゲー」と思っていたのですが、全然そんなことは無く意外と考えることが多くて驚きました。 数百種類の武器を集めながら100ステージ以上のミッションを攻略していく単純明快なシステムなのですが、難易度によって異なった楽しさが味わえます。 5種類の難易度があるのですが、低難度では無双の爽快感が、高難易度だと如何に敵を少しずつ減らしていくかの戦略性が求められます。 自分の好みでゲームを進められるのは個人的にかなりポイントが高かったです。 また、ストーリーは過去作品と繋がっていないので今作から始めても全然問題ないです! ちなみに私は4、4.1をプレイ済みなのですが、今作は新たな敵や新要素が追加されていてかなり新鮮な気持ちで遊べました。 そんなパワーアップした「地球防衛軍5」の魅力をこれからお伝えしていきますので、購入される際の参考にして頂けると嬉しいです。 幅広い遊び方が可能 先ほども触れましたが、5種類の難易度(イージー・ノーマル・ハード・ハーデスト・インフェルノ)がありそれぞれ敵の強さ、獲得できる武器のレベルやミッション失敗時のアイテム獲得量などが変わってきます。 ステージごとに難易度は変更できるので、クリアできないステージの難易度を下げて先に進むなんてことはこのゲームだと当たり前になってきます。 ちなみにハーデスト以上の難易度は最初から選択できず、ミッションナンバー111をクリアすれば選択できるようになります。 ハード以上の難易度は敵がかなり強くなってくるので、無双ゲー間隔で敵に突っ込んでいくとあっという間に死にます(笑) とにかく敵の物量が凄まじいので、味方のNPCや地形を利用した立ち回りが重要になってくるんですね。 もちろん難しい難易度でプレイしたくないという人も多いと思います。 難易度イージーは入手できる武器の性能が低いですが、敵の耐久力と火力がかなり低めに設定されているので、真に無双気分を味わうことができます! 4つの兵科が操れる 前作から引き続き4つの兵科が登場します。 兵科にはそれぞれ違った特徴があるので、自分に合ったキャラクターでプレイすることが可能です。 ①レンジャー 初心者にオススメな兵科。全体的にバランスが良く様々な武器が使用でき、一部の搭乗兵器に乗ることもできるので自由度が高いです。 また、今作から「ダッシュ」が追加されました。これまで指摘されてきた移動の遅さという欠点が解消されたので、テンポよくプレイできます。 ②フェンサー 機動力は低いですが火力が高いパワー系のスタイル。近接武器を装備してる時だけダッシュ移動が可能なのですが、移動後に硬直が起こります。 この硬直は攻撃をすることで消すことが出来るので、うまく操作できれば延々とダッシュ移動することが出来ちゃいます。 熟練した操作技術があればロボットゲームの様な立体的な立ち回りが可能です。 ③エアレイダー 空軍や砲兵に指示を出して敵を薙ぎ払うサポート役。戦車や二足歩行ロボットにも乗る事ができるので、一つの行動で戦況をひっくり返すことができます。 射線上に味方が入ってこないように注意が必要。 ④ウイングダイバー 機動力が高く、空中から敵を攻撃できます。耐久は紙なので、喰らわない覚悟が必要です。 オフラインとオンライン両方でも楽しめる 元々このシリーズはオフライン一人用タイトルとして発売された作品なので、本作も十分一人で楽しむことが可能です。 ソロプレイだと武器のレベル制限が無く、低難易度でも高レベル武器を使用することが可能なので、縛りなくプレイすることができるのもイイですね。 フレンドがいる方は是非オンラインマルチで遊ぶことを推奨します。最大4人でのプレイが可能です。 異なる兵科を使用して役割分担し、チームワークを駆使して敵を倒すとソロプレイとは違ったアクションが楽しめます。 オンラインマルチでは人数で敵のステータスに補正がかかり、攻撃力や耐久力がオフラインの同難易度よりも増幅するので注意してください。 また、オンライン専用ミッションで「絶望の楔」「絶対包囲網」というものがあるのですが、かなり難しく私は難易度を落としてフレンドと攻略しました(笑) オンラインマルチは野良でもプレイ可能で、未だに部屋がいくつも建てられています。是非挑戦してみだください! 地球防衛軍は良い意味B級映画っぽい親しみやすさがあります。巨大生物をぶっ飛ばす爽快感はどの難易度でも健在です。 やり込み要素も高く、100時間以上は余裕で遊べてしまいます(笑) 本当に魅力的な作品なので、ぜひ遊んでみてください!話題や人気のゲームに関するレビューや攻略情報を紹介